バンプオブチキン 名古屋。 BUMP OF CHICKEN(バンプ オブ チキン)の名曲集! 初心者にもおすすめな定番ソング — News

バンプオブチキンは尖ってた昔の方がよかった?BOCの過去と今

バンプオブチキン 名古屋

ぞらです。 中学生のころから大好きだったバンプ。 そのあとはラッド(Radwimps)とか、セカオワ(Sekai no owari)とか聞いたけど。 名古屋でのライブチケットが当たったので、マイラーらしく旅行がてら見に行ってきました。 その後は、三重県は伊勢鳥羽方面にレンタカーで旅行に行ったので、それは別記事にしたいと思います。 Bump Of Chicken(バンプオブチキン)を簡単に解説 知らない方もいると思うのでバンプについて説明します。 バンプのオフィシャルサイトはこちら。 bumpofchicken. みな幼稚園~中学まで同じだったようである。 作詞作曲はボーカルの藤くんが担当している。 2枚のインディーズアルバム 『FLAME VEIN』『THE LIVING DEAD』の後、2000年9月20日に1stシングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。 2001年3月14日に発売された2ndシングル「天体観測」が、累計で55万枚以上を売り上げる大ヒットとなりバンドの知名度が大きく上昇し、僕もこのころに知る。 その後も順調にヒット作を生み出していく。 上げればきりがないけれど、コンスタントに人気が続いているバンドだと思う。 1999年からのおよそ20年間で、シングルは計25作、限定配信を含めると37作品にもなる。 アルバムもインディーズ含め計9作品となっており、2019年7月10日リリースの最新アルバム「aurora arc」のライブに行ってきた。 BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark 名古屋でのライブ。 実はこれがバンプのライブ、初ではない。 学生の頃、コンサートスタッフのアルバイトでバンプのライブのバイトをやったことがある。 しかしこれはお勧めしない。 特に好きなアーティストのライブのバイトに行くというのは、非常にもどかしかった。 なぜなら、基本的にバイトスタッフはステージを背にして観客の方を向いているからだ。 さておき名古屋でのバンプのライブ。 場所は名古屋ドーム。 名古屋駅付近にホテルを取っていたので、バスでナゴヤドーム付近まで向かう。 というか、きちんと観光などで名古屋に来たのは初めてかも。 もちろんナゴヤドームも初めて。 早めについて、周辺を散策。 グッズを買おうか迷う。 このオーロラアークの背景で写真を撮るために長蛇の列になっていた。 こういうのには並ばない。 こちらはグッズの物販。 これを見た時点で諦めた。 そもそも並ぶ気が無いので、欲しければネットで事前に買うよね。 というか年齢層が若い。 明らかに20代前半くらいのが半分くらいをしめている。 ライブ中に光るバンド。 これで一斉に光らせるので、他のものは使ってはダメです。 これが非常に綺麗なんです。 もちろんテンションを上げるためにおビールを注入。 およそ二時間のライブ、あっとゆーまでした。 実は注釈席(アーティストが見切れたりするような席)だったのですが、十分見れました。 箇条書きで感想とか諸々書きます。 ・何かと千葉県佐倉市出身と言う。 昔は公表してなかった気がするけど。 ・意外とトークもする。 昔はもっと無口なイメージだったな。 ・ステージ後ろにも小さいステージと楽器があり、途中で後ろに来て演奏してくれた。 これは後ろの方の人たちにとっては非常に嬉しいと思う。 しかも後ろに移動するときも、ステージから降りて歩いて向かって、ジャニーズみたいに皆にハイタッチしてくれたりしていた。 バンプは神だと思った。 きっとバンプのファンはマナーがいいから出来るんだなと。 ・最後に藤君がお礼の言葉を述べるけど、非常に胸に来た。 と、非常によかったです。 ことしはかなりライブに参戦しているので、出来るだけレポート書いていきたいです。

次の

BUMP OF CHICKEN Party in 名古屋 2013年11月25日 愛知県

バンプオブチキン 名古屋

映画やゲームの主題歌をいくつもリリースしている4人組バンド、BUMP OF CHICKEN バンプ オブ チキン。 バンドファンからはもちろん、インターネット上でも多くの曲が評価されており、デビューから15年以上が経過した今でも絶大な人気を誇っています! そこで今回はAWAで聴ける曲の中から、BUMP OF CHICKENの名曲をまとめました。 聴きごたえのあるバラード曲からアップテンポな曲まで、人気のある定番曲を一緒に見ていきましょう。 【バラード編】感動的な歌詞とメロディー! BUMP OF CHICKENの名曲6選 2004年にリリースされた、9枚目のシングル曲です。 タイトルの「車輪」は自転車のタイヤを表しており、歌詞では2人乗りをする恋人同士のドラマが描かれています! 冒頭は恋人のすてきなストーリーが綴られていますが、1番のサビ以降は「別れ」を連想させる切ないフレーズが。 全体としては、大切な人が離れていく様子を描いた楽曲であり、切ないメロディーラインと主人公の心情がマッチした名曲になっています! 2005年にリリースされたシングル、「supernova」のカップリング曲にあたる作品です。 ゲームソフトである「TALES OF THE ABYSS」の主題歌として使用され、歌詞では人との出会いや約束の大切さが綴られています! バンプがリリースした原曲はややアップテンポですが、歌詞にはストーリー性が強く表れており、バラードの雰囲気も持ったドラマチックな作品に仕上がっています。 5枚目のシングル曲として、2002年にリリースされた楽曲です。 人気曲の高い作品であり、2004年には前述の「車輪の唄」のシングルに、スノースマイルの「ringing version」が収録されました! 歌詞のテーマは「冬」であり、冒頭からは恋人が身を寄り添って歩く、幸せな風景が描かれています。 しかし、実は離れてしまった大切な人を思い出している作品であり、まだ忘れられない切ない気持ちがドラマチックなメロディーに乗せられています。 2007年にリリースされた、映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の主題歌に使われた楽曲です。 主題歌としての評価が高かったことから、続編の映画でも「グッドラック」が主題歌に選ばれました! 楽曲「花の名」の特徴は、離れてしまった大切な人を花に見立てて、切ない心情で見送る歌詞になっている点です。 全体的にスローテンポですが、壮大なメロディーも魅力的で聴きごたえがある1曲でしょう。 2011年にリリースされた、劇場版「ドラえもん」の主題歌に選ばれた楽曲です。 「忘れないよ また会えるまで」など、映画の内容にぴったりなフレーズも使われており、より感動的な雰囲気が演出されています! テーマは悲しい別れですが、友達との出会い・別れを前向きに捉えているので、卒業シーズンの1曲としてもおすすめです。 バンプの10枚目のシングル曲として、2005年にリリースされた楽曲。 まるで星が輝くような綺麗なイントロから始まり、アコースティックな雰囲気も演出されています! 主人公が手作りのプラネタリウムを作成し、それをきっかけに気持ちが変わっていく成長のストーリーが描かれており、どこか懐かしさも感じられる1曲に仕上がっています。 【ポップス編】アップテンポが爽快!BUMP OF CHICKENの名曲6選 2001年にリリースされた、3枚目のシングル曲。 50万枚以上を売り上げており、同名のドラマ「天体観測」の主題歌にもなったため、今ではバンプの代表曲として知られるようになりました! 「深夜2時」という独特な舞台設定であり、恋愛と天体観測を重ねたロマンチックな1曲に仕上げられています。 2002年にリリースされたアルバム、「jupiter」の10曲目に収録されている作品です。 タイトルの「ダンデライオン」は、タンポポを英語にした言葉であり、歌詞の主人公とも言えるライオンの姿とかけています。 孤独なライオンの心情が細かく描かれており、アップテンポながらも感動的なストーリーが綴られています! 2004年3月~5月末まで、期間限定作品としてリリースされた7枚目のシングル曲。 タイトルの「アルエ」は、新世紀エヴァンゲリオンのキャラクターである、綾波レイのイニシャル アール エー を意味しているとされています! 哀しい雰囲気を持つ女の子に対して、救いの手を差し伸べるような強い想いが歌われています。 6作目のシングル曲、「ロストマン」のカップリング曲として2003年に発表された楽曲。 劇場版「ONE PIECE」の主題歌にもなっており、挫折を繰り返しながらも前に進み続けるポジティブな心情が歌われています! イントロから音圧があり、アップテンポなメロディーが続いていくため、気持ちを前向きにさせてくれる1曲と言えるでしょう。 2000年に発表されたシングル、「ダイヤモンド」のカップリング曲として発表された作品です。 涙を流している主人公のもとに、「ラフ・メイカー」と名乗る陽気な人物が訪れて、最終的には主人公を笑わせる小説のような歌詞が綴られています! ストーリーや心情が細かく表現されているため、歌詞をじっくりと読むことでさらに楽しめる1曲でしょう。 2000年にリリースされたアルバム、「THE LIVING DEAD」の6曲目に収録された作品。 若い絵描きと黒猫の感動的なストーリーが描かれており、歌詞では人と動物の友情物語が綴られています! 少し哀しい物語ですが、メロディーはアップテンポで迫力があるため、爽快感のある曲を聴きたいシーンにもおすすめです。 , , , Copyright AWA Co. Ltd. All rights reserved. Apple and the Apple logo, iPhone, Mac, Apple Watch, CarPlay are trademarks of Apple Inc. , registered in the U. and other countries. App Store is a service mark of Apple Inc. Google Play is a trademark of Google Inc. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。 Copyright AWA Co. Ltd. All rights reserved. Apple、Apple ロゴ、iPhone、Mac、Apple TV、iPad、Apple Watch、CarPlayは米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。 App Store は Apple Inc. のサービスマークです。 Google Play、Android、Android TV、Android Wear、Android Auto、Chromecastは、Google Inc. の商標または登録商標です。 Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

次の

BUMP OF CHICKENとは (バンプオブチキンとは) [単語記事]

バンプオブチキン 名古屋

バンプオブチキンといえば、2000年代以降の日本の音楽シーンを語る上で絶対に欠かすことができないモンスターバンド。 バンプの登場以前と登場後とでは、 バンドに対する定義や解釈までもが変わってしまった気さえします。 そんなバンプも気がつけば結成20周年を越え、すっかりキャリアの長いバンドに。。 これだけの歴史があると、同じバンドでも変わった部分も出てくるし、ファン層も一部とはいえ変化します。 事実、 「BUMP OF CHICKENは変わってしまった・・・」と離れたり、熱心なファンでなくなってしまった人も少なくありません。 「昔の方がよかった」と言われることもあると思います。 それでは、 バンプオブチキンは昔はどんなバンドだったのでしょうか?また、今より昔の方がよかったというのは事実なのでしょうか? 今回の記事では、そんなバンプについてつらつら書いていきたいと思います。 Sponsored Link aurora arcツアーの東京ドーム公演で見た、BOCの現在 2019年11月に開催された BUMP OF CHICKENのライブに行ってきました。 バンプを生で観るのは久しぶり!去年のCDJ以来だから、だいたい1年ぶりの参戦です。 東京ドームに来たのも2017年のイエモン以来で実に2年ぶり、、楽しみでしかない。 (ライブレポ的なものは次の記事で詳しく書きます!) 「aurora arc」のビジュアル映像&SEから始まり、あっという間のライブでした。 ライブの セトリはこんな感じ。 新旧織り交ぜたセットリスト。 とても贅沢です。 aurora arc 2. Aurora 3. 虹を待つ人 4. 天体観測 5. 月虹 6. プラネタリウム 7. Butterfly 8. 記念撮影 9. 話がしたいよ 10. ダイヤモンド 11. リボン 12. aurora arc 13. 望遠のマーチ 14. アリア 15. Spica 16. ray 17. 新世界 18supernova 19. 流れ星の正体 ーアンコールー 1. 同じドアをくぐれたら 2. メーデー 個人的に、 Spicaと 新世界がすごく良かったなー。。 あと、 同じドアをくぐれたらを久しぶりに聴くことができたのがめちゃくちゃ嬉しい! ダイヤモンドを歌いだして、一旦中断させてからの 藤くんのMCも泣けました。 こんな素敵セトリでお腹いっぱいになりながら、「古参の離れていった人も 戻ってくればいいのに・・・」と勝手ながらしみじみ思ってしまいました。 あんなに円熟味のある天体観測、昔のバンプだったらやってくれないよ?(というか、封印期間もあったし昔のバンプの方が天体観測やってなかったけど笑) バンプオブチキンの音楽性が変化した時期はいつ? BUMP OF CHICKENというバンドを結成当初から追いかけている人は、 昔と今のバンプを比べてどう思うのでしょう? 私は、中学高校を「LAMP」「天体観測」など初期の代表曲を聴いて、アルバムだと 「Jupiter」を聴いて青春を過ごした世代です。 出身が千葉県なので、当時バンプが拠点としていた千葉のライブハウスにも参戦することがありました。 なので、私も古参になると思うんですが、私自身はバンプの変化に肯定的です。 髪型がマッシュになってからの藤くんも好きだし、それ以前の落ち武者カットだった頃も当然好き。 ちょうどメンバーの5歳年下ですから、藤くんが歳を重ねるにつれて変化していく歌詞やメロディのアプローチが、その曲がリリースされる時期に聴く私の気持ちにフィットしていたのも大きいかもしれません。 「お兄ちゃん」くらいの年齢差ですし、兄の背中を見てる感覚があります。 古参の人からは、 「だいたい「orbital period」くらいからバンプが変わったと思う」と言われることが多いですね。 私もそれは同意です。 「才悩人応援歌」や「メーデー」などBUMP OF CHICKENの真骨頂!な曲もありますが、「プラネタリウム」を初めて聴いて良くも悪くも 度肝を抜かれた人は多いでしょう。 「FLAME VEIN」から「ユグドラシル」までリリースを重ねるにつれて、尖りが少しずつ丸くなり、 「orbital period」のリリース後は、シンセストリングやピアノなど バンドアンサンブル以外の楽器を楽曲の中に取り入れたり、 バンド外部からプロディーサーを迎えたり、バンドとしてのアプローチは変わってきました。 (それまでのバンプは完全セルフプロデュースだし、使う楽器も基本バンドアンサンブルだけでした。 各パートの担当楽器じゃないのは「同じドアをくぐれたら」でのマンドリンくらいじゃないかな) バンプは昔の方がよかったと言われる理由は orbital periodでバンプから離れた古参ファンの意見として、 ・メンバーの性格が丸くなって魅力がなくなった ・歌詞が抽象的で凡庸になってしまった ・ロックっぽさがなくなりメジャーに迎合してしまった ・万人受けを狙ってるのがミュージシャンとして気に入らない ・曲が単調でどれを聴いても同じに聴こえるようになった などがよく見られます。 言いたいことは分からなくもないし、人それぞれといえばそれまで。 離れる人がいるのは絶対仕方ありません。 私自身もたまたま年齢が「バンプのメンバーがお兄ちゃん」くらいの絶妙な世代でなければ、上記のような印象を彼らに抱いたかもしれませんし。 ただ、最後の「曲が単調でどれを聴いても同じに聴こえるようになった」は、 ちょっと何言ってるのか分からない。 ちょっとでも楽器を弾いたことがある人なら、昔のバンプの方が楽曲のバリエーション自体は少なかったことは明らかに理解できる気がします。 昔の方が似た曲は多かった。 昔の曲は、ガラスのブルースでもグングニルでもグロリアスレボリューションでも、ギターなら パワーコードで押さえる位置をズラすだけで全部同じように弾けます。 チャマのベースラインもグワングワンと動いているけど、 基本はペンタトニックスケール内で出す音階の順番を変えているだけなことが多い。 一曲覚えたら、他の曲もそんなに苦労なく弾けます。 升くんのドラムも、10代や20代前半までは、フィルのパターンも金物を入れるタイミングも基本一緒です。 ワンパターンといえばワンパターンです。 少なくとも 楽曲の多様性や楽器の腕前の話なら、昔よりも今のバンプの方が卓越してるし円熟味も増してきてると思います。 「好きじゃなくなった」とか「昔の方が好きだった」なら分かるのですが、 「技術的に劣化した」という意見を聴くと首を傾げてしまうのが正直なところです。 楽天で購入 尖りに尖っていて、演奏中、 客席が歌い出すことにさえ難色を示すようなバンドだったBUMP OF CHICKEN。 それが今となっては、大会場のアリーナ、スタンドへ向けてマイクを差し出すようなおおらかさを見せるようになったのですから、「変わってしまった」と彼らのファンを辞める人がいるのも頷けます。 しかしながら、実は「BUMP OF CHICKENの主役は、演奏するバンドのメンバーでもそれを聴くお客さんでもなく、曲である」という 「楽曲ファースト」な彼らの姿勢は実は変わっていません。 ただ、バンプのメンバーも40代に突入ということで、その基本スタンスの伝え方はマイルドになったようには思います。 ・・・ってか、今回の東京ドーム公演の感想あまり書けていませんでした。 汗 なんか、 「aurora arcツアーで過去曲をやったときのバンプを観た感動」について書きたかったのですが、それについて書くからには前提として「バンプの昔と今」を書かないといけなくて、、 横道にそれたまま5km突き進んでしまった気分です。

次の