シロアリ 駆除 プロ。 1,073人が選んだおすすめシロアリ駆除会社ランキング 技術力と安心感の高い業者はどこ?

シロアリ駆除は床下に入れない家でも大丈夫!プロの対処方法をご紹介|シロアリ1番!

シロアリ 駆除 プロ

【07月21日 09時39分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。 お気軽にご相談ください。 【07月21日 09時39分現在】お電話すぐに対応いたします。 様々な害獣トラブルに対処できるように作業車に 各種機材の常備と熟練したスタッフがお伺いします。 他社に断られた内容もご相談ください。 他社よりも 多くの拠点を作ることにより、現場までの 移動コストを減らしています。 また 熟練スタッフが多く在籍しているので、 作業にかかる時間が短縮でき、一日に 10件以上の現場を回ることが出来ます。 おかげさまで多くのお客様にご利用いただきております。 年間3千件以上の出動実績があるの当社は、 経験豊富なスタッフがお客様のトラブルを解決いたします。 シロアリは厄介な害虫と言われますが、そもそもどんな被害があるのでしょうか。 まずはどんな被害があるのかを知り、事態の深刻さをしっかりと理解した方が良いかもしれません。 そこを知るだけでもまた違ってきます。 シロアリの被害の中でも特に有名というか多くの人が知っているのが、やはり家を食べてしまうというものですよね。 厳密には食べているのではなく解体していることに近いのですが、食べるという被害が一般的です。 そのため、シロアリが繁殖している家では、根元から食べられてしまって、家の根底がダメになってしまうこともあります。 正直、家が根底から崩れてしまうと、リフォームやリノベーションなどの工事が必要となるかもしれません。 補助金が出たとしても、余計な出費であることには変わりません。 シロアリは増殖すると家の中に侵入してくることもあるので、できればしっかりと害虫駆除業者を使って根絶やしにすることが必要です。 シロアリ駆除の方法 シロアリ駆除の方法としては、殺虫剤を使うのが一般的ですね。 シロアリも害虫なので市販されている殺虫剤で撃退することは可能です。 ただ、殺虫剤だけでは、実は徹底的に駆除するということができないことも多いと言えます。 駆除したつもりでも駆除できていなくて「これで安心」と思ってしまうのが一番危険です。 シロアリも繁殖力が高いので、放置していると増殖してしまうことがあります。 当然、殺虫剤を散布して「終わり」と思ってしまうと、それ以上は駆除しませんよね。 そうなると駆除されたはずなのにされていないので、被害がより一層広がりを見せていきます。 そこもしっかりと判断して対処していくことが必要です。 また、補強工事などによって、シロアリが侵入できないようにすることなども重要でしょう。 こればかりは個人で対応するには難しいと言えるのではないでしょうか。 そのため、徹底的に駆除したいと思ったら害虫駆除業者を使いましょう。 近年は比較的良心的なコストで対処してくれる害虫駆除業者も多くなっていますよ。 シロアリ駆除業者の選び方 シロアリの駆除を害虫駆除業者に依頼する時には、しっかりと選びましょう。 まず重要となってくるのが、その害虫駆除業者が対応してきた案件の数です。 現場をより多く乗り越えている害虫駆除業者ほど、実力も高いと判断して良いでしょう。 特にシロアリなどは被害が進んでいる時期や時間によって、より状況も大きく変わってくるでしょう。 それに合わせて対処できる柔軟な害虫駆除業者が必要です。 それも含め、熟練したスタッフが常駐しているところを選ぶ必要があります。 近年はシロアリ駆除に対応している害虫駆除業者も、特殊機材を導入しているところが多くなっています。 やはり市販の殺虫剤では難しいこともあるので、質の高い機材を持っているかどうかも判断基準にしておきたいですね。 後は対応している時期や時間なども見ておくと良いです。 特に害虫駆除業者によっては24時間対応で365日年中無休というところもあります。 それらの害虫駆除業者も選んでいくと失敗することがないのではないでしょうか。 シロアリの退治ならムシプロテック シロアリの退治のことなら、ムシプロテックに相談してみてはいかがでしょうか。 ムシプロテックは全国にネットワークを持っている害虫駆除業者で、豊富な拠点からすぐに出張してくれるのが特徴となっています。 出張して現場を見て、その場で見積もりを出すことができます。 実際に現地見積もりしてもらうことで、より明確なコストも予測できるでしょう。 害虫駆除業者はそういう明朗会計のところであることが重要で、ムシプロテックはその点もクリアしています。 さらに、ムシプロテックは作業の説明も丁寧に行うように意識しています。 どんな作業をされるのかわからないと不安になることも多いですよね。 特にシロアリは家の根元に被害を及ぼすことも多いので、そこは説明をする義務があります。 ムシプロテックは常に利用者目線で対応しているので、利用者の方が気になるところはすべて応える姿勢を持っているのです。 シロアリ駆除で悩んでいるのなら、まずはムシプロテックに相談してみてください。 シロアリ駆除で業者をお探しなら!まとめ.

次の

シロアリ駆除の方法【DIY】自分でできる!プロ推奨の対策と予防法

シロアリ 駆除 プロ

シロアリ駆除の方法には、「 薬剤を散布する方法」と「 毒餌を設置する方法」があります。 自分でシロアリ駆除をおこないたいとお考えなら、毒餌を使った駆除方法がおすすめです。 プロがおこなうシロアリ駆除の方法としてもっとも一般的な「薬剤散布」は、必要な道具も手順も多く、DIYで気軽にできるようなものではありません。 その点、「ベイト剤」と呼ばれる毒餌がセットされた市販の駆除グッズを使えば、手軽に安全にシロアリ駆除をおこなうことができるでしょう。 ただし、毒餌での駆除方法に 即効性はなく、シロアリが必ず毒餌に食いつくという保証もないです。 そのため、シロアリ被害が発生している状況下でおこなうには、少々心もとない方法ではあります。 早く・手間なく・確実にシロアリを駆除したいなら、シロアリ駆除お助け隊にお任せください! 目次• シロアリ駆除の方法は2つ!作業の流れを確認しておこう シロアリ駆除の代表的な方法は以下の2つです。 薬剤を散布する方法(バリア工法)• 毒餌を設置する方法(ベイト工法) 薬剤散布は即効性があり、長期間の予防効果も期待できるため、 業者がおこなうシロアリ駆除の方法としてはもっとも一般的です。 ただし、必要な道具も工程も多く、床下に潜っての作業には危険がともないます。 DIYでシロアリ駆除をおこなう場合には、毒餌を設置する方法のほうが手軽に挑戦しやすいでしょう。 毒餌設置のベイト工法は、シロアリの「 餌を巣にもち帰る」という習性や、仲間同士で体をなめ合う「 グルーミング」という習性を利用した駆除方法です。 シロアリは数万~100万匹ともいわれるほどの大規模なコロニー(群れ)を形成しますが、地中などの見えない場所に作られる巣を見つけ出すことは容易ではありません。 しかし、巣の場所が特定できない場合であっても、毒餌をもち帰らせることに成功すればコロニーを壊滅へと導けるかもしれないのです。 ただし、 ベイト工法に即効性はなく確実性も薄いのが難点です。 シロアリの被害をすぐに確実に止めたいという場合には、プロに薬剤散布をおこなってもらうことをおすすめします。 シロアリ駆除の工法については以下の記事でも詳しく解説しています。 シロアリ発生状況の調査が終わったら、道具や薬剤をそろえて実際に駆除作業をおこなっていきます。 無事に駆除作業が済んでも、それで終わりというわけではありません。 再発を防ぐための対策や、継続的な点検をおこないましょう。 シロアリ駆除をおこなうタイミング シロアリ駆除は基本的に 季節を問わずいつでもおこなうことができます。 シロアリは冬眠をせず1年中活動する生き物です。 つまり、1年中シロアリ発生のリスクはあるため、被害の兆候が表れたのならどの時期であってもすぐに駆除や対策をおこなうべきなのです。 とくに、薬剤を散布する方法は、いつおこなっても高い駆除や予防の効果が見込めます。 毒餌を設置する方法も通年でおこないますが、 シロアリが活発に動く春から夏にかけてはより効果的に駆除できるでしょう。 シロアリの活動サイクルや、駆除にまつわる時期や期間については以下の記事をご覧ください。 あわせて読みたい 2つのシロアリ駆除方法について、手順や注意点を具体的に解説していきます。 即効性のあるシロアリ駆除にご自分で挑戦してみたいという方のために、床下でおこなう本格的な駆除方法をご紹介します。 薬剤散布によるシロアリ駆除は、以下の3つの手順でおこないます。 木部処理をする• 土壌処理をする• 穿孔(せんこう)注入・木栓処理• 吹きつけ処理• 塗布処理• 穿孔吹付処理 まずは、シロアリ被害が発生している箇所やシロアリの侵入経路となる箇所の木材に電動ドリルで穴を開けます。 ( 穿孔) つぎに、噴霧器を使って薬剤を注入します。 ノズルの先を穴に押し当てるようにして噴射してください。 穴の中に薬剤が注入できたら、木栓で穴を塞ぎましょう。 薬剤をより浸透させ、見た目もよくすることができます。 穿孔注入処理が済んだら、今度は木部全体に薬剤を吹き付けていきます。 薬剤が行き渡っていない部分からシロアリに侵入されるおそれがあるので、ムラなく丁寧に吹き付けてください。 「たくさん液体をかけたら木が腐らないの?」と心配になるかもしれませんが、シロアリ駆除用の薬剤には 防腐剤が入っているので大丈夫です。 ためらわずにたっぷりと吹き付けましょう。 薬剤の飛散が問題となる場合には、刷毛で塗り込む「 塗布処理」をおこなうことがあります。 噴霧器で散布するより時間も手間もかかるためあまり一般的ではなく、神社仏閣などの限られた場所でだけ使われているようです。 「穿孔吹付処理」は 大壁造(柱が内部に収められた壁)の建物でおこなう処理方法です。 壁面に電動ドリルで穴を開け、噴霧器のノズルをさし込んで内部の木材に薬剤を吹き付けます。 穴を開ける場所の見極めは、建物の構造をよく理解していないと難しいでしょう。 液状の土壌処理剤を使用する際には、「 面状散布」と「 帯状散布」の2つの方法で処理してください。 木部処理と同じく噴霧器を使い、土壌の表面にまんべんなく薬剤を散布します。 ( 面状散布) 土壌に接する束石や配管の立ち上がり部分などは、シロアリの侵入経路となりやすい箇所です。 接地面の土壌に重点的に薬剤を散布することで、シロアリの侵入を防ぎます。 ( 帯状散布) 薬剤が水に流されてしまわないように、土壌への薬剤散布は雨の日を避けておこないましょう。 粒剤を使う場合には、そのまま土壌に撒く方法と、土壌に混ぜて埋め戻す方法があります。 商品によっても使い方が異なるので、説明書きをよく読むようにしてください。 付近に井戸や池がある場合には 水中への薬剤流入の危険があるため、液状薬剤より粒剤での処理のほうがよいでしょう。 そこでおこなうのが、床上から薬剤を注入する「 上回り処理」です。 床のタイルに穴を開け、噴霧器を使って薬剤を注入します。 プロに頼むと電動の高圧注入器で施工してもらえるので、よりしっかりと薬剤を浸透させることができるでしょう。 シロアリ駆除お助け隊で実際におこなった施工の様子をご覧ください。 あわせて読みたい DIY薬剤散布法の注意点 DIYの薬剤散布でもっとも重要なのは、 木部や土壌全体にムラなく薬剤を浸透させることです。 せっかく苦労して作業をおこなっても、施工漏れがあるとシロアリの侵入を許すことになりかねません。 十分な処理がご自分では難しいと感じるなら、プロに任せたほうが楽で安心です。 また、一般に販売されている液状薬剤の効果は、長いものでも5年程度で切れてしまいます。 シロアリの再発を防ぐために、 定期的な点検と5年ごとの薬剤散布をおこないましょう。 どちらも毒餌に配合されているのは「シロアリの脱皮を妨げる」薬剤で、 脱皮をしない人間や犬・猫などの哺乳類に対しては安全な物質です。 駆除型の商品は、「 ベイトステーション」と呼ばれるケースと毒餌が一体となっています。 一方の管理型は、餌木をセットしたベイトステーションを地中に埋め、シロアリの発生状況に応じて毒餌を投入するというものです。 自分でおこなうシロアリ駆除の場合には、駆除型のベイト剤が手軽でおすすめです。 それぞれの使用方法を解説していきます。 駆除型ベイト剤での駆除方法• ベイト剤を設置する• シロアリの有無を確認する• 新しいベイト剤を設置する 専用ケース(ベイトステーション)15個と餌木(誘引用木材)90本、ベイト剤(毒餌)2kgがセットになった商品です。 DIYベイト工法の注意点 DIYでのベイト工法は、以下の3点に注意しておこなってください。 確認の頻度• 設置場所• 駆除完了の判断 シロアリは繊細で変化に敏感な生き物です。 警戒したシロアリが逃げてしまうため、頻繁にケースの確認をするのはやめましょう。 シロアリの発生や被害は確認されているのに、半年経ってもステーション内の餌に食いつかないのであれば設置場所を変えてみてください。 ただし、毒餌に食いつくのを待つ期間にもシロアリの被害は進行していくため、早急な対策が必要な場合にはプロに駆除してもらうことをおすすめします。 また、毒餌が減っているのにシロアリの活動が止まらないという場合には、設置するステーションの数を増やしてみてください。 毒餌に食いつかせることに成功しても、駆除しきれたかどうかの判断は少々難しいかもしれません。 毒餌が減らなくなり、シロアリの活動が止まったことが駆除完了のひとつの目安ではありますが、付近に新たな巣ができていないとも限らないのです。 シロアリの再発を防ぐために、引き続きステーションを設置して観察しましょう。 おすすめできないシロアリ駆除方法 じつは、インターネット上などで「自分でできるシロアリ駆除の方法」として紹介されているもののなかには、あまりおすすめできない方法もあります。 以下の4つを使った方法は、根本的なシロアリ駆除にはならないでしょう。 エアゾール剤・スプレー剤• バルサン• 木酢液• 熱湯 ただし、「部屋で見つけたシロアリをとりあえずなんとかしたい!」という場合には有効な方法もあるので、適宜使うようにしてください。 エアゾール剤・スプレー剤 エアゾール(スプレー缶)タイプや霧吹きタイプのシロアリ駆除剤は、ホームセンターなどでよく見かけますよね。 価格も手ごろで有効成分も配合されていますし、手軽に使える便利な商品です。 ただし、 退治できるのは直接スプレーを吹きかけたシロアリだけです。 巣ごと退治したいのであれば、巣を見つけ出してピンポイントで吹き付ける必要があります。 巣の場所がわからないからといって、闇雲にスプレーを撒いてはいけません。 シロアリが分散して、新たな巣を複数生み出してしまう危険さえあるのです。 また、スプレー散布による予防効果というのも限定的なものだと考えられます。 前述のとおり、シロアリの侵入を防ぐためには 侵入経路となりうる箇所のすべてにムラなく薬剤を浸透させる必要があります。 床下換気口から手を入れてスプレーした程度では、残念ながら気休めにしかならないでしょう。 熱湯 熱湯を直接かければ、シロアリは死んでしまいます。 しかし、表面化したシロアリというのは、 何万匹も生息しているかもしれないうちのごく一部でしょう。 コロニーへのダメージはないばかりか、やはりこの方法もシロアリを分散させてしまうリスクがあります。 自分でシロアリの発生状況を調べる方法 シロアリ駆除をおこなう際には、薬剤散布と毒餌設置のどちらの方法で駆除するにしても、まずはシロアリの発生状況を確認する必要があります。 そして、シロアリの発生状況を把握するためには、入念に調査をおこなう必要があるのです。 注意して点検すべき箇所と、シロアリ発生が疑われる症状について確認しておきましょう。 シロアリの発生が確認された場合には、種類を特定することも大切です。 シロアリは種類によって駆除の難易度が変わり、自分で駆除することが難しいケースもあります。 点検箇所 とくに注意して点検すべき箇所は以下の5つです。 屋根裏• 水回り• 屋外の木材 シロアリの侵入経路となることもある床下換気口や、湿気のたまりやすい水回りのタイルの隙間など、細かいところにまでよく注意して点検をおこないます。 狭い場所や高所での作業には危険がともなうため、少しでも難しいと感じたらプロに調査を依頼してください。 建物の構造上、床下や屋根裏への侵入ができない場合にもプロに任せるべきです。 チェック項目 上記の点検箇所のそれぞれについて、以下の項目をチェックしていきます。 シロアリの有無• 蟻道の有無• 支柱や壁面の空洞音• 床のたわみ・へこみ• 水漏れ箇所の有無 複数の項目に当てはまる場合や複数の場所で被害が確認される場合、被害の程度が深刻な場合には、すぐにプロの本格的な調査を受診しましょう。 水漏れ箇所の有無 多くのシロアリは湿度の高い場所を好みます。 もしも配管の不具合などで水漏れを起こしていれば、そこはシロアリ発生の温床となってしまうでしょう。 雨漏りなどで腐食した木材も、シロアリの恰好の餌となるため注意が必要です。 シロアリの種類 日本の家屋に被害をもたらすシロアリは、おもに以下の3種類です。 ヤマトシロアリ• イエシロアリ• アメリカカンザイシロアリ もっとも被害件数が多いのは ヤマトシロアリです。 ただし、上記の3種のなかでは比較的駆除の難易度が低いため、発生しているのがヤマトシロアリであった場合にはご自分でも駆除ができるかもしれません。 つぎに被害件数が多いのが イエシロアリです。 コロニーの規模がヤマトシロアリより格段に大きく、駆除の難易度は高くなります。 食害部分から離れたところに巣を作るため、中途半端な薬剤散布では根本的な駆除にはならず、すぐに再発してしまうでしょう。 日本の家屋への被害はヤマトシロアリとイエシロアリでほとんどを占めますが、近年は外来のアメリカカンザイシロアリも増加してきています。 名前のとおり「乾材(カンザイ)」の中、乾いた環境下でも生息することができ、巣の発見が難しいため駆除の難易度は高いです。 シロアリの種類の見分け方は、以下の記事を参考にしてください。 暗く狭い床下や屋根裏では、手に持つ懐中電灯よりもヘッドライトのほうが使い勝手がよいでしょう。 羽アリを発見したときの対処方法 シロアリの羽アリが発生するのは、 大量に繁殖して巣が飽和状態になったときだといわれています。 建物への被害もかなり進行していることが考えられるため、羽アリを発見したらすぐにプロに相談するべきです。 そのうえで、部屋の中を飛び回るシロアリへの一時的な対処として、つぎのような方法をおこなうとよいでしょう。 掃除機で吸う• 外へ誘い出す 部屋の中を飛ぶ羽アリを退治したいのであれば、掃除機で吸ってしまうのが一番です。 シロアリは繊細な生き物なので、掃除機の風圧で死んでしまいます。 もしも生き残っていたとしても、ヤマトシロアリやイエシロアリは水分がないと丸一日も生きていられません。 心配なら、羽アリを吸ったあと24時間放置してから掃除機内のゴミを片付けましょう。 また、シロアリの羽アリは「 群飛孔」と呼ばれる穴から飛び出してきます。 穴の場所がわかれば、飛び出してくるシロアリを一気に吸い込むこともできるでしょう。 屋外へ誘い出してしまうというのもひとつの方法です。 イエシロアリの羽アリは、夕刻~夜に巣から飛び出します。 光に向かって飛ぶ性質があるため、部屋の電気を消して懐中電灯などで外から照らせば誘い出せるでしょう。 自分でできるシロアリ予防方法 シロアリ被害は繰り返し発生するものです。 駆除の施工のあとには、以下の3つの対策をおこなってシロアリの再発を予防しましょう。 風通しをよくする• 木材や古紙を家の外に置かない• 雨漏り・水漏れ・ヒビなどの修繕をする 日本の建物に被害を与えるシロアリの大半は乾燥を嫌い、湿気の多い環境を好みます。 しっかりと換気をおこなって風通しをよくすることで、シロアリ発生のリスクを下げましょう。 屋外に放置されて雨にさらされた木材や古紙は、シロアリを呼び寄せる餌となってしまいます。 すぐに片付けましょう。 雨漏りや水漏れは湿度を上昇させ、木材を腐らせます。 シロアリが好む環境を作る一因となるため、すぐに修繕してください。 壁やタイルに入ったヒビも、シロアリの侵入経路となるおそれがあるので塞いでおきましょう。 「DIYシロアリ駆除は安い」はウソ? ご自分でシロアリ駆除をおこなおうとお考えになるのは、「駆除費用を安く抑えたい」という理由からであることがほとんどでしょう。 しかし、必要な機材や薬剤を買いそろえるだけでも想像以上に費用がかさんでしまうかもしれません。 日本の標準的な住宅の広さである「 35坪(115. 5㎡)」「 外周45m」を例に、当記事でご紹介した機材や薬剤を購入した場合にかかるおおよその費用をまとめてみました。 また、土壌処理を粒剤でおこなった場合の駆除費は14万円~とさらに高額になるでしょう。 薬剤散布は 即効性も予防効果も見込める方法ですが、施工の手間がかかるうえに費用も決して安くはありません。 しかも、これだけの手間やお金をかけても、DIYでのシロアリ駆除にはつねに失敗のリスクがともなうのです。 自分では難しい駆除はプロへ!DIYと業者のメリット・デメリット 「シロアリ駆除を業者に依頼すると高い」とお思いの方が多いかもしれませんが、じつはDIYが劇的に安いというわけでもないことがおわかりいただけたでしょう。 シロアリ駆除お助け隊では、駆除効果・予防効果ともに抜群の薬剤散布法によるシロアリ駆除を格安のお値段で承っております。 特殊な施工が必要となる難しいシロアリ駆除にも対応しており、丁寧な調査ののちに正確な見積りをお作りしています。 さらに、安心の 5年間のシロアリ再発保証付きです。 DIYとシロアリ駆除お助け隊のメリット・デメリットを比較しよう DIY シロアリ駆除お助け隊 メリット• 費用が抑えられる• 他人を家に入れなくてよい• 確実に駆除できる• 5年間の再発保証が付いている• 手間がかからない• すぐに対応してくれる デメリット• 駆除しきれないことがある• 買いそろえるものが多い• 手間がかかる• 危険をともなうことがある• DIYよりは費用がかかる• 業者に家に入ってもらう必要がある DIY最大のメリットであるはずの「費用」も、適切な駆除をおこなえば劇的な安さにはならないでしょう。 シロアリ駆除お助け隊の施工料との差額を「確実な駆除」「5年間の保証」「施工の手間」「安全」などの費用だと考えれば、決して高くはないですよね。 シロアリ駆除お助け隊の安心の施工内容は、以下の記事でご確認ください。 Copyright シロアリ駆除お助け隊 All rights reseved.

次の

シロアリ駆除は必要か!?自分で駆除剤を使う方法とは!?

シロアリ 駆除 プロ

25年以上の施工歴を持つ環境プロデュウス幸商にお任せください! 環境プロデュウス幸商株式会社は新潟県の五泉市にある害虫駆除の会社です。 決して大きな会社とは言えませんが、駆除歴25年以上の熟練スタッフがシロアリ駆除を行います。 当社では他社に負けない低価格にて作業をお受けしております。 もちろん安いからといって手抜き作業は一切ありません。 低価格かつ高品質な作業をお客様にお届けしております。 シロアリ駆除施工は安心の5年間無料でアフターフォローもさせていただいておりますので、安心してご依頼ください。 また、当社では強引なセールス活動は一切おこなっておりません。 必要以上にお客様の不安を煽り、不必要な施工を無理やり行うような行為は一切致しません。 当社ではお客様に安心して依頼していただける環境作りに力を注いでおります。 【シロアリに好まれやすい環境とは】 同じような条件の家でも、シロアリの被害に遭う家と遭わない家があります。 では、シロアリに被害に遭いやすい家にはどのような特徴があるのでしょうか。 隣家との家の隙間が少なく、日当たりが悪い家はシロアリに好まれる傾向があります、また、換気をあまり行わない湿気のこもった家もシロアリの被害に遭いやすいです。 当社ではシロアリの被害を事前に防ぐ各種予防も行なっておりますので、お気軽にご相談ください。 価格(㎡)• 1,000円未満• 1,000~2,000円• 2,000~3,000円• 3,000~5,000円• 5,000円以上 種類• ヤマトシロアリ• イエシロアリ• アメリカカンザイシロアリ• ダイコクシロアリ• その他 薬品など• 土壌処理剤• 乾材シロアリ用駆除薬剤• ベイト工法• 予防駆除剤• 防蟻材料および施工• ハチクサン• アリピレス• アジェンダ• コロニーバスター• ファーストバスター• ケミカル工法(バリア工法)• その他 24時間365日対応• あり 対応• 即日対応可能• 詳細は各業者までお問い合わせください。 サービス内容詳細 【サービス詳細】 皆様に愛され、創業30年以上の信頼と実績。 当社では正直・親切・丁寧をモットーにシロアリ駆除を行なっております。 シロアリ駆除で使用する薬剤については、日本しろあり対策協会認定の薬剤を使用しています。 シロアリ駆除は任せて安心の環境プロデュウス幸商にお任せください。 【その他業務】 ネズミ、ハクビシン、コウモリなどの駆除も行っております。 【定休日】 年中無休 【対応エリア】 新潟県、山形県、福島県 近所でシロアリ駆除をした家があるようですが、影響を受けないか心配です。 万が一駆除を逃れて飛んできたシロアリが数匹家にたどり着いたとしても、特に問題はありません。 シロアリには一応羽がついてはいますが活発に飛び回ることはありませんし、営巣する可能性も極めて低いからです。 どうぞご安心ください。 シロアリがいるかどうか判断するための方法を教えてください。 柱を叩いてみて中身が空洞になっているような音がすればシロアリがいる可能性があります。 また、浴室の敷居部分に腐食が見られたり、家の土台や基礎の部分に蟻道がある場合もシロアリがいる可能性が非常に高いです。 当社では無料調査を行なっておりますので、是非ご活用ください。 シロアリ駆除に使う薬剤がどのようなものなのか心配です。 当店では使用する薬剤は安全なものを使用しております。 身体に多大な影響を及ぼすような薬剤を使用することはありませんので、ご安心ください。 安全な薬剤で確実な駆除を行っております。 シロアリ駆除は「幸商」へお任せください。 環境プロデュウス幸商株式会社の対応エリア.

次の